Fitbitで睡眠時に血中酸素濃度測定(spo2)が使えるようになったみたい?

これまでの経緯

だいぶ久しぶりに、というか、2019年まったくブログの更新をしていませんでしたが、ようやくFitbitで睡眠時に血中酸素濃度測定ができるようになったようです。

個人的に、2018年から

Spo2センサーが搭載されているFitbit Charge3を使用していたので、今か今かと待っていた間に、すっかり忘れてしまっているというような感じでした笑

睡眠時の血中酸素濃度計測でわかること

Fitbit 睡眠時血中酸素濃度のグラフ

Fitbit 睡眠時血中酸素濃度のグラフ

昨日なにげなくスマホのFitbitの睡眠画面を見ていたところ、睡眠ステージの表示の下に推定酸素換気量の表示を発見!

気になって、いつから表示されているかを確認したところ、自分は2019年12月13日から表示されていました。

幸いなことに、自分は睡眠時小さな変化ということで、睡眠時無呼吸症候群などの血中酸素濃度が激しく変わるような事態になっていなかったので、ホッとしました!

なぜ気が付かなったのか?

japanese.engadget.com

2020年1月上旬に、上記のような感じで、アメリカでサービスが始まるよっていう記事が多く散見され、日本ではまだサービスが始まっていないと思いこんでしまっていたことではないかと思います。

というか、いつもアプリを見ているはずですが、完全にルーティンが出来上がっていて、アプリを詳細にみるという習慣が全然ありませんでした。。

まとめ

とりあえず、まだFitbitやメディアから正式に発表があったわけではないので、参考値としてながめる程度にして、Fitbitでどんなことがわかるのかを楽しみにしていたいと思います。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました